私の任地ジュワネンには公立図書館があります。Jwaneng Public Libraryです。図書館サービスはMinistry of Youth, Sport and Culture(MYSC)という省庁がBotswana National Library Service (BNLS)として行っています。BNLSのHPは現状リンク切れですが、、、。

整理整頓もされていてステキ

図書館カードを作ろう

Public Libraryでは1回に付き2冊、2週間の蔵書の貸出を行っているようです。借りるためには登録が必要です。まず受付でレジストレーションフォームを貰います。

登録にはレジストレーションフォームに記入と、パスポートサイズの写真3枚が必要です。そうです、その日に登録できません。写真取ってこないと!ジュワネンにも写真屋さんはいくつかありますが、土曜日に訪れた1件目は「印刷用紙がないから月曜日に来てね(はぁと)」と言われました。月曜日にイヤーな予感を持ちつつ仕事終わりに行くと「まだ無い」と、「ほらやっぱり!

カレッジの先生に「どっかないかね、他に」と聞いて無事パスポート用の写真をゲットしました。30プラか40プラぐらいだったと思います。結構高い。そして撮影はなんと外の白い壁の前、手持ちでした。さすがにデジ一でしたが。

またレジストレーションフォームですが次のような記載が必要です。

  • Postal Address
  • Physical Address
  • Passport No(外国人), あるいはOmang (ボツワナの身分証明書)
  • Permanent Address
  • 第三者の推薦 (所属機関、学生は学校)
  • E-mail アドレス
  • 電話番号

Postal AddressはJICAの物を指定しました、カレッジのでも良かったかも。Physical Addressは現住所。Permanent Addressは私の場合は日本での住所。そして、第三者の推薦ということで、これが敷居を上げてますが、うちの場合カレッジの校長先生に無事にサインとハンコを頂きました。

フォームと写真を提出後、カードが出来上がったらメールでおしらせが来ますので取りに行きます。なんと翌日にはできましたよ。

キッズ コーナー 蔵書もそこそこあり

自分は取り敢えずConversational Setswanaというセツワナ語本とBotswana Traditional recipes という料理本を借りてみました。

あと、この図書館はWifi完備(どうも[ビル&メリンダ・ゲイツ財団が入っている](http://www.gatesfoundation. org/Media-Center/Press-Releases/2009/08/Botswana-Libraries-Provide-Access-to-Internet-and-Computers)らしい)でICTのトレーニングも実施しているようです。インターネットが遅いのが残念かなあ。