Commands - Ditaelo

というわけで、命令形。ボツワナ人は命令形得意です。「たくゎ〜ん」(Come!)と呼びつけといて「Nthekele!(buy for me)」と要求してきます。本当にこれはいつまでたっても慣れません。

お願いする側がこっちに来るんだろうが!と思いつつノコノコ行ってしまうこと多し。

命令形の基本

命令形は、「you - o」「you(plural) - lo」「We - re」に対して使いますね。He/She/Theyなどの第三者には命令できませんね。

You に命令の文法

英語と一緒です。

  • 動詞

Come!の「たくゎ〜ん!」は「Tla kwano」で「kwano」が「こっち」という意味ですね。

否定形の場合

  • se + 動詞(末尾のaがeに変わる)

通常の否定型は「Ga」で始まりますが、命令形は「Se」で始まります。

例文(通常-命令形)

通常

  • O tshameka bolo. - Tshameka bolo!
    You play ball. (あなたはボールで遊ぶ)- Play ball!(ボールで遊べ!)

否定形

  • Ga o tshameke bolo. - Se tsameke bolo!
    You don't play ball.(あなたはボールで遊ばない) - Don't play ball!

通常

  • O feela ntlo - feela ntlo!
    You seep the house.(あなたは家を掃く) - Seep the house!(家を掃け!)

非定型

  • Ga o feele ntlo - Se feele ntlo.
    You don't seep the house - Don't seep the house!

You (plural)

複数のYou.「あなた達」に命令する場合。

通常

  • 動詞 + ng

あなた達に命令する場合は動詞のお尻に「ng」がつきます。

否定形

  • se 動詞 + ng

例文

  • Lo opela dipina. - Opelang dipina!
    You sing songs. - Sing songs!

  • Ga lo opele dipina. - Se opeleng dipina!
    You don't sing songs. - Don't sing songs.

pina = song = dipia で複数形

  • Lo nwa dibiri thata - Nwang dibiri thata!
    You drink beers much. - Drink beers much!

  • Ga lo nwe dibiri thata - Se nweng dibiri thata!
    You don't drink beers much. - Don't drink beers much!

We

我々に命令というかどっちかというと「Let's 〜」ですね。

通常

  • A re 動詞(語尾のaがeに変わる) + ng

この形で頻出は「あれつぁまえ」(Let's go!)ですが、実は文法的には「A re tsamayeng!」だったんですよね。目からウロコ!?

否定

  • A re se 動詞(語尾のaがeに変わる) + ng

非定型はあんまり聞かない来ますね「いかんとこう!」なんてあんまり言わない気もするしね。

例文

  • Re tshameka bolo - A re tshamekeng bolo!
     We play ball. - Let's play ball!

  • Ga re tshameke bolo - A re se tshamekeng bolo!
    We don't play ball. - Let's not play ball!

非定型って英語でもあんまり言わない?「ボールであそばんとこう!」ってちょっと笑えません?

  • Re a tsamaya - A re tsamayeng!
    We are going. - Let's go!

  • Ga re tsamaye - A re se tsamayeng!
    We aren't going. - Let's not go!

これも「いかんとこう!」って可笑しいですね。「やめとこ!」ぐらいですか?意味合い的に。

この「A re」(ア・レ)は「さぁさぁ!」みたいな感じで「A re! A re!」ということもよくありますね。

というわけで今日は、命令形のご紹介でした!どんどん活用してボツワナ人を使いまくってやりましょう。