Tagged

ボツワナ通信事情

A collection of 2 posts

ボツワナ事情:通信:キャリアの使い分け
ボツワナ事情

ボツワナ事情:通信:キャリアの使い分け

UPDATE:2015.8.9 MascomとOrangeのデータプランについても比較しました。 前の投稿でも記載したように、ボツワナでは3つのセルフォンキャリアがあります。エアタイムお得キャンペーンなどお得情報が多くそこそこつながるらしいというMascom、高速を売りにしたOrange、ちいさい村でもカバーする国営のBeMobileの3つです。 モバイルキャリア使い分け考察: 首都でどーしても高速モバイルインターネットが必要ならば、お金に物を言わせてOrangeの一択でしょうか。しかし、料金と用途で次のような使い分けが今のところいいのではないかと思います。 Orange: AllMyInternet 1日10プラ 60MBまで PCから利用する場合は60MBはあっという間かと思いますが、スマホでチャット(Facebookなど)や簡単なメールの送受信であれば1日使い放題のOrangeがオススメです。特に地方では4Gどころか3Gもなく、2Gですので高速性なんてありません。私の任地も残念ながら3Gでさえ町の一部のみ対応です。私の住む区画は対象外っぽいです。しかし、スマホでFacebook LiteやGMail程度なら1日中連絡がやりやすくなると思われます。 Mascom:MyTimeInternet 1時間10プラ Mascomの場合は1時間10プラなのでSkypeやダウンロードなど1時間で目いっぱいの容量を使えるので、スカイプや、ダウンロードなどに向いている。のかもしれません。実際の転送速度が遅いとあんまり意味はないかもしれませんが、実際のところはよくわかりません。また、Mascomは0時から5時までは使い放題というパッケージもあるので、コレを利用したい場合。  あと、Mascomは月末の2日間に100プラ以上買うとエアタイムが額面の2倍になるキャンペーンなどもやっているのでこれらを利用すると実際にはMascomがお得なのかもしれません。 Mascom: MyMixInternet 2日20プラ 150MBまで これはOrangeのAllMyInternetと同じようなサービスですがこちらは2日からです。Orangeにも2日で150MBまでというサービスもあるのでどちらが良いかについては不明です。

ボツワナ事情:通信事情:ハボロネ
ボツワナ事情

ボツワナ事情:通信事情:ハボロネ

多くの開発途上国でモバイル端末によるインターネット接続が普及しているようにボツワナでもモバイル端末は普及しつつあります。ただ、東南アジアのようではなく、フューチャーフォンの方がまだ普及しています。 PC隊員としては、インターネット、通信の確保は死活問題です。というわけである程度調べてみました。ややこしすぎて混乱します。 固定電話 Botswana Telecom(BTC)の一択のようですが、携帯電話が普及した今、固定電話の意味はあまりないかと思います。Broadand Botswana Internet(BBI) という会社がVoIPを提供しているみたいです。 固定インターネット いわゆる有線ですがこちらもBotswana Telecom によるADSL回線が一般的です。BBIも提供しているようで高速そうですがいかんせん高価です。 モバイル 携帯電話会社は3社。BeMobileとOrangeとMascomというのがあります。 BeMobile BTCが運営しているので国営です。そのため、小さな村でも電波が入るようでカバー率は高いです。コミュニティ開発の隊員などは連絡用がコレです。ただ、回線が貧弱でビジーや他社と相性が悪い、ネット利用の場合遅いとかあります。 Orange ヨーロッパ圏の会社のようです。ボツワナ内でも首都の一部で4Gを始めるなど高速を売りにしています。実際首都のドミトリーからUSBモデムを利用した場合下りが4MBps出ることもありました。  ただし、料金がその分高めです。通常料金がわからないですが、パッケージ(バンドル)で1日制限で60MBまでで10プラ、あるいは、日数は15日制限でデータ量15MBで10プラという感じです。60MBというとスカイプ3分ぐらいでしょうか。