Tagged

インターネット事情

A collection of 1 post

ボツワナ事情:通信事情:ハボロネ
ボツワナ事情

ボツワナ事情:通信事情:ハボロネ

多くの開発途上国でモバイル端末によるインターネット接続が普及しているようにボツワナでもモバイル端末は普及しつつあります。ただ、東南アジアのようではなく、フューチャーフォンの方がまだ普及しています。 PC隊員としては、インターネット、通信の確保は死活問題です。というわけである程度調べてみました。ややこしすぎて混乱します。 固定電話 Botswana Telecom(BTC)の一択のようですが、携帯電話が普及した今、固定電話の意味はあまりないかと思います。Broadand Botswana Internet(BBI) という会社がVoIPを提供しているみたいです。 固定インターネット いわゆる有線ですがこちらもBotswana Telecom によるADSL回線が一般的です。BBIも提供しているようで高速そうですがいかんせん高価です。 モバイル 携帯電話会社は3社。BeMobileとOrangeとMascomというのがあります。 BeMobile BTCが運営しているので国営です。そのため、小さな村でも電波が入るようでカバー率は高いです。コミュニティ開発の隊員などは連絡用がコレです。ただ、回線が貧弱でビジーや他社と相性が悪い、ネット利用の場合遅いとかあります。 Orange ヨーロッパ圏の会社のようです。ボツワナ内でも首都の一部で4Gを始めるなど高速を売りにしています。実際首都のドミトリーからUSBモデムを利用した場合下りが4MBps出ることもありました。  ただし、料金がその分高めです。通常料金がわからないですが、パッケージ(バンドル)で1日制限で60MBまでで10プラ、あるいは、日数は15日制限でデータ量15MBで10プラという感じです。60MBというとスカイプ3分ぐらいでしょうか。