セツワナ語の文法のようなものその1。授業で「文法ですよ」って習ってないので文法っぽいなと思ったもののメモ書きです。後に話題にする予定の、名詞クラスや時制は明らかに文法ですが。

基本構文

Ke rata setswana. = I like setswana.
I like setswana.

O rata setswana. = You like setswana.
oは低いトーンで「う」と「お」の間の音

O rata setswana. = She/he likes setswana.
oは高いトーン

Ke moithaopi. = I am volunteer.
O moithaopi. = You are volunteer.
Ke moithaopi. = He/She is volunteer.
「I am」「He is」が同じKeなので紛らわしい

Leina lame ke Mpho. = My firstname is Mpho.
name of mine is Mpho.
所有格は「of 〜」で表現する。ここでのkeは「is」になる。lameは「of mine」だが、実際には「〜me」で前に来る名詞によって「〜」が活用するという。名詞の種類のことは「名詞クラス」という。セツワナを一気に難しくしているのが名詞クラス。名詞クラスの話題はまた今度

名詞がサブジェクト

I,you,he意外の名詞がサブジェクトになる場合の構文

Mpho  o   ja  dijo. = Mpho eat food.
S   SM  V  O

o がSubject Marker(SM)というもので名詞の後に必ず付ける。名詞クラスによって変化します。

所有格

所有格ですがセツワナ語では「〜of・・・」と表現し「・・・の〜」となります。ofをpossessive marker(PM)と呼びます。

Shopo ya dijo. = Shop of food
Mosadi ya gago = Woman of yours

「ya」がPMですが、これも前に来る単語と、所有者によって変化します。

Mosadi wame = Woman of mine (My wife)
wame = of mine

Mosadi ya gawe = Woan of him
game = him/her

所有格一覧

〜me mine
〜gago yours
〜gagwe his/hers
〜bone  theirs
〜rona  ours
〜yone  its(人以外のいきものに使う)
〜tsone  theirs(人以外のいきものに使う)
〜gone  its(ものに使う)
〜lona  theirs (ものに使う)

le :and,with

「le」にはandとwithの意味があります。

  • and - Mpho le Tebogo = Mpho and Tebogo = ンポとテボホ(人名)
  • with - Ke nna le Mpho le Tebogo = I stay with Mpho and Tebogo

Ka: by,on

「ka」にはby,onの意味があります。

Ke reka ka madi = I buy by money.

  • madi = money
  • reka = buy

Ke gologile ka monday. = I arrived on monday.

High Context Culture?
先生はセツワナ語をハイコンテキスト(高文脈)と言っておられました。確かに「ke」はIだったりHe/Sheだったりします。oも「you」だったり「he/she」だったりします。heとsheを区別した作りになっておらず一様にkeやoです。そのように文章内で詳細を説明せず雰囲気で話をするんだということでした。あれ?これってずいぶん日本語っぽいですよね。ボツワナ人比較的空気を読むと思います。全部言わなくてもなんとなく分かってもらえることも多いです。例えば明らか困っていて助けてほしい時、全てを言わなくとも若干おせっかい気味に助けてくれます(ホントに涙出るぐらい親切です)。一方で全く伝わらないこともあります。全く伝わらないことは文化や慣習が全く違う部分だと思われます(物をシェアする貸し借りの感覚とか?)。

写真は配属先の部屋の一つ。真ん中が私のデスクです。私はICT部門に所属ですがこちらは先生の部屋。もう一つサポート部門の部屋がありそちらにも机があります。