セツワナ語を勉強してやる

周囲に「勉強する」姿勢を見せることで刺激を与えられないか。という観点と単に言語好きということもあり、勉強しています。

セツワナ語フォローアップ制度

JICAのプログラムの一つで語学訓練フォローアップという制度が今年からボツワナでも開始されました。英語、セツワナ語、カランガ語の3つから上限3000プラ(3万円)、30時間で受けられます。講師は自前で探す感じです。自分は同僚に頼んで、セカンダリスクールでフランス語を教えている先生を紹介してもらいました。「言語が好き」という先生だけああって内容は語源や背景、文化的、文法的意味合いまで聞いたら説明してくれる私好み。

というわけで、ボチボチ、セツワナ後のフォローアップとして成果を公開していく所存です。

レッスン1

DIPOTSO / question words
mang? who?
kae? where? how much?
leng? when?
jang? how?
ka go reng? why?
bokae? how much?
ofe? efe?...... which one?
eng? what?

Note: whichに当たる、ofe,efeに関しては「~fe」という多数の派生がある。

MADIRI(Verb)

動詞はすべて「a」で終わります。日本語も「う」の音(う行)で終わるのと同じだそうです。

  • bua / speak/ talk

  • botsa / ask

  • kopa / to ask for

  • tshega / laugh

  • rata / like /love

  • bona / look/ see

  • tsoga / wake up

  • tlhapa / bath

  • apara / wear/ dress

  • ja / eat

  • nwa/ drink

  • ya / to go to a place/ to a person’s place

  • tsamaya / go

  • goroga / arrive

  • bereka

  • fetsa / finish

  • boela/ to go back

  • lebelela / watch

useful locative nouns

  • ko lapeng = at home
  • ko tirong = at workplace
  • ko shopong = at shop
  • ko stopong = at stop (bus stop)
  • ko Gaborone = at Gaborone
  • ko sepatelang = at hostpital
  • ko ofising = at office

場所(ロケーション)を表す場合は、その場所の名詞のおしりが「ng」で終わるのが、文法的に楽しめるポイントです。「ショップ(shop)」の場合は「ショポン(shopong)」、「オフィス(office)」の場合は「オフィシン(ofising)」

Ke ya ko shopong = I am going to the shop.

場所の名詞をロケーションとして使わない場合は「ng」付けません。

Ofisi ya ICT o kae? = Where is ICT office?

んー。正直この辺は適当にしゃべってても理解はしてもらえます。

人の場所に行く

ある人のところに行くという場合は「ko go 人名」になります。人名以外にも「おじさん」のような人を表す名詞でも同様です。

  • ko go Kula = Kulaのとこに行く
  • ko go tsala yame = 私の友達のところ
  • ko go ntate = 私の父のとこ
  • ko go mogokgo =校長のとこ

LELWAPA LA ME (MEMBERS OF MY FAMILY)

  • mme = mother (でも「ママ」って言う人が多いかも)
  • rre(father)/ ntate (my father )
  • mosadi wa me = my wife/my girlfriend
  • monna wa me = my husband/my boyfriend
  • ngwanake = my child
  • ngwanake wa mosimane = my child (boy)
  • ngwanake wa mosetsana = my child (girl)
  • nnake ( younger sibling )
  • nnake wa mosimane ( younger brother)
  • nnake wa mosetsana ( younger sister )
  • nkgonne ( older sibling )
  • nkgonne wa mosetsana
  • nkgonne wa mosimane
  • malome ( uncle)
  • rakgadi ( aunt)
  • mmemogolo ( grandmother)
  • ntatemogolo (grandfather)

家族を表す単語は多くてしかも複雑。家族以外に人を表す言葉多いです。人に関して特徴的なのは「年齢の上下の区別がある」「男女の区別が無い」傾向にあるところですかね。

nnake は 年下の兄弟 ですが、「妹」「弟」に当たる単語はなく「nnake wa mosimane」で弟「nnake wa setsana」で妹というかたちになります。mosimaneは「boy」setsanaは「girl」で息子、娘にあたるのかな。年上の場合はngkonneに変わります。

「男女の区別が無い」特徴としてもう1点「He/She」に当たる言葉がなくどちらであっても「O(ウまじりのオ)」です。

Ke ne ke na le tsala yame. O bidiwa Mpho. - 私は友達と一緒でした。彼/彼女の名前はンポです。

ということで、この文だけでは、友達の性別は分かりません。なので、「a o monna? a o mosadi?」男の子女の子?という感じで会話が進みます。興味なかったら聞かないですけどね。

写真はマカディカディパンのツアー内の「ミーアキャットを観察する」アクティビティでの写真。近い!