目的語としてのyou/him/her/it

前回の記事で文法的な物は出し切ったと書きましたががまだありました(笑)今回は目的語としてのyou/him/her/itの謎に迫ります。

さて、セツワナ語では目的語としての youwenaだと最初の方に習ったのです。

例)
Mpho: Dumela, mma. -- Helo ldady.
Odu: Dumela, rra. -- Helo sir.
Mpho: O tsogile jang? -- How are you?
Odu: Ke tsogile sentle. wena? - I am fine and you?

しかしですな、こういう表現があります。

Ke a go rata. = I love you.

はて、「you」は何処にあるん?と疑問だったのですが「go」が「you」に当たるそうです。もちろん「wena」を使うこともできるそうです。

Ke rata wena. = Ke a go rata.

この変化も実は法則があるんだそうです!

mmo + Bverb (him/her)

Bで始まる動詞は「him/her」を目的語として取る場合は「mm」で始まる動詞に変わる。

例)
Ke tla betsa Loago (I will beat Loago.) = ke tla mmetsa. (I will beat him.)

この活用も接頭語が変化しています。バントゥ語らしいですね。

mo + verb ( him/her)

B以外で始まる動詞で「him/her」を目的語として取る場合は、動詞の前に「mo」を付けます。

例)
Ke tla tsaya Loago ko bus renkeng (I will pick Loago up at Bus station.) = ke tla mo tsaya ko bus renkeng. ( I will pick him up at Bus station.)

ke tla nyala Malebogo ( I will marry Malebogo. = ke tla mo nyala. ( I will marry her.)

e + verb ( Object )

it/thisなどの物の場合は動詞の前にeを置きます

例)
Ke tla pega beke yame mo setilong ( I will put my bag on the chair.) = ke tla e pega mo setilong.( I will put this on the chair. )
なお、椅子はsetilo(セティ-ロ)ですが、場所を表す場合はngが付く用に活用するので「setilong」(セティ-ロン)となります。

ke tla besa nama.(I will burn the meat.) / ke tla e besa.( I will burn it.)

Ke tla baakanya baesekele yame. ( I will fix my bicycle.= Ke tla e baakanya.( I will fix it.)

go + Verb ( you )

最後に、最初に紹介した「you」ですがこれは動詞の前に「go」を付けます。

例)
Ke tla besa wena.( I will beat you.) = Ke tla go besa.( I will beat you.)

以上です。他にもus/themもあるのかもしれませんが、聞くことができませんでした。

wena(ウェーナ) と go(ホ) の違い

文法上どちらもyouなのですが意味合い上の違いがあるようです。wenaの方がより「you」を強調されている感があるとのこと。

例えば「ke a go rata」と「ke rata wena」どちらもI love you.ですが「ke rata wena.」は「のことが好き」と君が強調されている感じがするとのこと。以下例文。

Lorato: O rata mang? A o rata banyana?
-- 誰が好きなの? 女の子たち(複数)がだれでも好きなんでしょ?(笑

Thato: Nyaa mma, Ga ke rate banyana. Ke rata wena!
-- 違うよ。女の子たち誰でも好きなわけじゃないんだ。君の事が好きなんだ

な感じだそうです。別の例もあげましょう。

Monna(男): Dummela, Nthekela biri.
-- やぁ!ビール奢って。

Mpho: Ga ke na madi.
-- お金持ってないよ!

Monna: Nyaa rra, Ke bonye madi mo.
-- いいや、お金、そこにあるの見たもん。

Mpho: Heela, Ga ke na madi wena!
-- おいおい!君にやる金が無いんだよ!

・・・ありがちな会話です。さらに、ごちゃごちゃしつこく言われると遂に

Mpho: Ga ke rate wena!
-- 君のことが嫌いだよ!

と、憤慨してしまうことも多々。。

余談ですが、このように外国人を見たら試しに何か貰おうとする人が多かったり、様々な勧誘を受ける場合があります。ボツワナ人的に一番堪えるのは「無視されること」。断りの会話ですら、会話をすすめることで友だちになれる感があるようで、目の前で話しかけているこの人は存在しませんという雰囲気で無視するとすごすごと(ちょっと悲しそうに)去っていきます。これはボツワナ人の対応を見て学んだので間違いないです。

と、言っても遠くからの挨拶の場合、挨拶し直したほうがすぐ終わる場合もあります。返事しなかったら聞こえてないのかと思ってずーーーっと何か声がかかります(笑