ボツワナでの現地訓練:セツワナレッスンの行程が全て修了しました。簡単な挨拶、自己紹介と他己紹介、ショッピング・・・ぐらいはできるようになったのではないかと思います。

ボツワナでは英語を学校で習うし、高等教育は英語で授業が行われるため殆どの人が英語を理解します。しかし、ボツワナ人同士は国語であるセツワナ(ツワナ語)でおしゃべりをしています。田舎に行くとさらに部族の言語がありますが、国語はセツワナ(ツワナ語)ですので基本みんなセツワナをしゃべり、英語を理解します。

そのため活動言語は英語ですし正直英語だけでやってけます。しかし、このセツワナ語を我々がしゃべるとかなりの好感度を稼げます。よっぽど珍しいのか、うれしいのか分かりませんが。ニヤニヤされます。つかみとしては非常に使えるツールです。

というわけで、ツワナ語ノートを大公開していく予定ですが、正直意味不明だと思います。。。

Vowels

母音は「e」が2つ、「o」が2つあります。

a

ala ( make up your bed )
apaya ( to cook ) あぱーや

i

ile ( gone ) いーれ
inama ( to bend ) いなーま

u

utswa ( to steal ) うーつぅぁ
utlwa ( to hear )

ê

ちょっと高音の「え」

ema ( stop )
eta ( to visit )

e

ちょっと低音で「え」と「い」の間の音。若干「い」寄り。

kgantelê (later)
tee ( tea )

ô

高音の「お」

oma ( dry ) おーま
opela ( sing ) おぺーら

o

低音の「お」だけど、「う」と「お」の間で「う」寄り。「お」の口で「う」という雰囲気

omang ( Identification )
boroko ( good night , sleep well )

メモ

akanya = think
dumela = hello
bôna = to see
bitsa = call sa
Tafole = table
bereka = to work

Consonants

a - ala
b - bala = read
c - chenchi = change
d - dumela
e - ema
f - fofa = fly =「h」で表現しても同じ意味になります。
g - goroga = arrive 「g」は喉を震わせる「は」行です。
h - sehohane = airplane (「f」で表現しても同じ意味になります)
i - ile
j - ja = eat
k - kwala = write くぅわーら
l - lela = cry
m - motho = person , human bean
n - nama = meat
o - boroko, opela
p - pula = rain
r - reka = buy 巻き舌のrです。東南アジアやヨーロッパと同じです
s - suna = kiss
t - taboga = run
u - utswa
w - wena = you
y - ya = go
ts - tsamaya = go つぁまーや
tsh - tshoga = afraid ,scared つぉーは(hが入ると少しいきを多めに出す感じ)
tl - tla = come (tlは若干クリック音が入ってる「た」行です。setswana.infoだとatlantaのtlってあるけどどうかな。)

tlh - tlhotshe = spend the day tlに息が入った感じ
th - thuso = help ( noun ), thusa = to help ( verb )
kg - kgomo = cow (喉を閉める「こんが」行)
ng - dumelang = hello , ngwana = child(喉を閉める「んが」行)
ph - phatshima = shine
sh - sha = to burn
kh - khum = wealth

メモ

robala = to sleep
phologolo = animal
tlhatswa = wash the cloth
ngaka = doctor
palama = to ride , climb
dijo = food
metsi = water

正直発音についてはピースコーのSetswana Lesson 1がわかりやすいと思います。