ドイツ

A collection of 5 posts

語気が強い
ドイツ

語気が強い

語気: 話す言葉の調子や勢い。ものの言いぶり。語勢。 「 -が荒い」 「 -鋭く相手をやりこめる」 ドイツ語は語気が強い。単語レベルで第一母音にアクセントが付くので「ぐーてん、たーく」なかんじ。とにかく、ガンガンと言われている気がするのだ。アフリカでもガンガンと言われてる感じがしたが、ちょっと上から目線な感じという印象(ほんとは違うと思う)だった。ドイツの場合は上からというより、自分の言いたいことを伝えるために、なかなか理解されないと、更に強くなっていく感じ。 あくまで印象の話だけど。 議論の文化? ボツワナで議論(おしゃべり)が好きな人が多い感だったが、ドイツ人も好き。こちらは好きというより「自分の言いたいことがあったらはっきり言う」感じ。

就労ビザについて
ドイツ

就労ビザについて

労働許可?滞在許可証(ビザ?) ドイツで就労が決まったのは、日本にいる間でした。なんでも「Work permit(労働許可)」と「滞在許可(ビザ)」が必要だということで調べたのですが、この2つが同じものなのかどうなのか未だによくわかりません。 日本にある、ドイツ連邦共和国大使館・総領事館に問い合わせを投げたのですが「日本の方はドイツに行ってから労働許可とビザを取ることが一般的です」という回答でした。しかし、私の契約は11月1日、会社だって働いているので3ヶ月前とかにドイツに行けるわけないじゃない!と、ドイツの雇用主に「ドイツに渡ってシェンゲンビザで働けるのん?」と聞いたら「駄目です。ワークパーミットをとってくれ」という回答。 ほんじゃま、

Ich lerne Deutsch No.1
ドイツ語

Ich lerne Deutsch No.1

ドイツ語は難しい 会社がドイツ語のオンライン口座(ロゼッタストーン)と社内での対面でのクラスを提供してくれるというので早速申し込んでやってみています。 会社の語学トレーニングマネージャと面接してさんざん「初心者には大変むずかしいと感じるようです」だとか、同僚も「ドイツ人も正しく文法使えてないよね」とあ、「難しい」と散々聞かされていました。 実際やってみると 難しい〜〜〜〜!です。。ツワナ語なんかのバントゥ語族も名詞クラスという難関がありましたが、いや・・ドイツ語は名詞に性(男女中性)・単数複数・各(1〜3各)、疑問形でそれぞれ、動詞も形容詞も、冠詞(英語のaとかtheとか)も変化するんですよ。もうね、混乱することこの上なし。

  • Mpho Sato
    Mpho Sato
ドイツ就労: 3週目
ドイツ語

ドイツ就労: 3週目

ドイツで働いて3週目 思ってた以上にドイツ語 それでも(企業柄もあって)英語 ドイツ人も英語で説明できないこと結構ある。 ドイツ人も英語苦手意識がちょっとある。 ドイツ人ちょっとシャイ。私は元々シャイなのでつられてもっとシャイになりがち。 ドイツ人が2周ぐらいでやることを3周目でやっている気がする。 ドイツ語頑張りたい。 今日の発見 printer-color,printer-sw プリンター登録の手順に、このように-color-swというのがあった。うーん。「フルカラー」と、もう一個は「白黒?」と思ったけど・・・。「-sw」ってなんやろ・・・・としばらく「sw...スイッチ?」、カラー用のプリタ設定と、並べて書くならやっぱ「白黒のプリンター設定じゃないん?

  • Mpho Sato
    Mpho Sato
ドイツで私も考えた
ドイツ

ドイツで私も考えた

Germany 縁があってドイツに行くことが出来た。フランクフルト空港を降り立って目的地までの電車の時間を待つ間、スーパを見つけたのだが、その前に椅子とテーブルがあり、ドイツ人(かどうかわからないが)の年配の方々がビールを楽しんでいるようだった。 電車まで少し時間があったので私もスーパーでビールを買い、そこの椅子一つ「良いですか?」と会釈で合図して座らせてもらい飲んだ。 これまで、ドイツおろかヨーロッパは初めてだったが、なにか懐かしい匂いがした。雰囲気というかそういう感じのもの。そう、ボツワナを感じたのだ。この感覚はずっとつきまとった。終始ではないし全く同じではないけれど。 それも考えてみたらそうか。ボツワナは元イギリスが宗主国、ヨーロッパ圏からの文化がいっぱい入ってきているものね。 ドイツの話をじっくり書き記したいが、この頃めっきり鈍筆。だれか話し相手ほしいところである。