Tagged

ボツワナ人

A collection of 8 posts

言語の壁その2
活動

言語の壁その2

失礼な言い様!の裏側 前回、「英語で十分じゃねーか」という主張をしたというお話でしたが、私もそんなにバカではないと思っているので現地語の重要性は理解しているつもりです。しかし、どうしても現地語セツワナ語で説明できるようになるにはすごく壁を感じてしまっていて、なおかつボツワナ人の「Ke ruta Setswana(セツワナ語教えるぜ!)」に辟易してることもあり、つい、「英語でいいじゃないか運動」を繰り広げることになってしまったと思っています。 レクチャラは「ここの生徒はあんまり英語得意じゃないよ」という言葉を受けて、改めて振り返ってみましたところ、あることに気が付きました。 生徒が私に物を頼む際の頼み方が失礼なのです。 Mpho, fix. Mpho, help me. Mpho, come! Mpho, print for me. Mpho, give me 5 pula. Mpho, buy for me. 最後の2つはちょっと試してみるというご愛嬌らしいですが、どう見ても「命令口調」に聞こえますよね。こちらは学業が円滑に進むように手助けをする立場かもしれませんが、いやいや、個人のスマホがおかしなって助けてほしいのに「

言語の壁その1
セツワナ語

言語の壁その1

セツワナ語を話せ 随分ご無沙汰してしまいました。Term1が始まり、あっという間にTerm1が来週23日で終わります。最近はICTコースの学生の名前をボチボチ覚えられるようになって来て、学生とふざけ話をしたりすることも多くなりました。 仕事(学内システムの向上)については、1台だけだったADサーバを古い壊れていたサーバを学内にあるパーツを使って修理して2台にする、Moodleというオンライン学習システムを構築するということをメインに日々の障害対応(大したことはない、大体上流がおかしくなることが多い)とヘルプに相変わらず忙しいです。 さて、タイトルの通りある先生がしきりにセツワナ語を話すべきだと言います。私は正直、仕事でセツワナ語を話すつもりはないと明言して拒否しました。 私の主張 拒否の理由は、「ボツワナ人は英語が理解できるじゃないか、私の仕事の優先順位は技術を伝えることであってセツワナ語を話すことではない。そもそもだICTの技術の大半は英語圏からやってきてドキュメントは英語じゃないか。それに私は英語でさえ君たちより劣っているのにセツワナ語で伝えられるわけがないじゃないか」 議論 この会話には複数のICTのレクチャラが聞いていて(いつも聞いてるんだけど)、大体私の言うことも分かるというような反応でした。「確かにプライオリティはセツワナ語を話す方が低いな」とか「確かにOSI参照モデルをどうやってセツワナ語で説明するんだ?」とかいう感じです。 さて、このセツワナを話せといったレクチャラーは「いや生徒は英語が駄目だ。それに、人々はセツワナを主に話すだろう?」というのです。さらに、「英語は我々にとって第二言語だからセツワナ語より理解ができないんだ」とこれに対して私は「俺にとっても英語は第二言語やねんから、イーブンじゃないか」と反論し、「大体セツワナ語は難しいよ、話せるようになる気がしない」といったのです。 すると彼はこう言いました「いや、セツワナ後はシンプルなんだ。

ボツワナ式出張:手続き編
ボツワナ事情

ボツワナ式出張:手続き編

出張参加のレター 教育省の部門から、「ワークショップ、ミーティングをするので以下のものは出席してください。ティーとランチは提供しますが、宿泊と交通費は各カレッジで出してください」という旨のレターがFAXで届きます。そうすると、いざ出張!となります。 この予告のようなレター「以下のものはこのプロジェクトにアサインされました。近日ミーティングをします」的な予告はあるものの、いつもミーティングや出張の連絡は急に入ります。ただ今回は、何度かカウンターパート(CP)に「確認して」と月曜日から言っていたので、前の週の火曜日に日程がわかりました。 ただ、先週の金曜日に「確認する」とCPが言って何も連絡がなかったので、月曜日に「ミーティングいつだった?」って聞くと若干焦り顔で「あれ?今日からだった??」と返されたので若干冷や汗でした(笑)。「しらねーよ!(Ga ke itse!)」というしかありませんでした(笑 出張前の準備 さて、出張となったら。宿泊と交通費はカレッジ持ちということで、はじめに宿泊代の見積もりを取ります。1泊600-800ぐらい(私のカレッジは600以下野必要がありました)で、3食付きの見積もりを取ります。見積もりを校長か副校長か、購買かに見せて(

ンポ、、いつになったら手伝うの?
ボツワナ人

ンポ、、いつになったら手伝うの?

続:「私、、、あまり寝てないの」 今回のトピックはですね、以前紹介したビジネスのHoDが土日も頑張って働いているのではないかというトピックの続編です。 ある月曜日 Mma: ンポ、いつ私のところにヘルプに来るの? ンポ:(ヘルプに来てって言われてないけど?)何ですか、Mma? Mma: 私の例のプロジェクト、論文の査読が必要なの。UB(University of Botswana)の中から5名、外部から5名必要なの、まだ全部見つかってないのよね。。。査読が終わってフィードバックを修正して提出しないとプロジェクトがポシャるわ ンポ:それは大変ですね? Mma: あなたマスターディグリー持ってたわよね?査読する人は最低マスターディグリーがあればいいのでお願いできない。それか、あなたの友だちか。 ンポ: (ICTとは全く関係ない・・・。しかし)締切って何時なんですか? Mma: この週末なのよ ンポ:えぇ!そりゃ大変だ!取り敢えず私は協力するとして他の友だちに聞いては見ます。 Mma: じゃぁこの論文をあなたに転送するわね。 ンポ: じゃぁ、また後で というわけで、論文の査読をすることになりました。総ページ90かぁ。。。英文90かぁ。

ボツワナ式結婚式
ボツワナ事情

ボツワナ式結婚式

結婚したい! ボツ人の話ね。ボツ人の。結婚したいかどうかは分かりませんが周りで結婚の話がよく出る。すでに私は2回結婚式に出ましたし、「来年結婚するんだ〜!」という人も周りで二人。一人は学生、一人は結婚資金のために警察官をやめてマイン関連の建築にジョブチェンジしたとか。 ハウトゥ結婚 詳細はよく分かりませんが、結婚となると大金が必要だとか。まず、牛を平均8頭奥さんの家に納める必要があります。結婚したい男子は牛のために一生懸命に働きます。日本の結納のような意味合いでしょうかね。近年では牛ではなく金銭を提供することも増えたとか。近代化ですかね? さてその牛は1頭あたり8万円ぐらいだそうですので、平均6,70万必要ってことですかね。う〜ん。これだけでも大変。 そしたら結婚式を準備せなってことになるのですが、これはMalomeと言われる母方のおじさんが取り仕切るそうです(セツワナ語の先生談)。また、Malomeは親族の重要なポジションだとか。 結婚式ですが大抵2回。新郎側のホームタウンで1回、新婦側のホームタウンで1回です。そして参加者ですが基本的に誰でも来ていいのですが、いまいちよくわかりません。2回目に参加した結婚式は奥さん側の地元(ハボロネでしたが)の方には参加出来ませんでした(私は新郎と知り合い)。場所は知っていたので訪れれば参加できたとは思いますが、周りの知り合いも「あれインビテーションもらってないな。インビテーションもらってないのに行けないよ」とかいう反応でした。 2回行って観察した感じだと、新郎や親戚の関係者(親族など)はメイン会場内の机ありの席、ご近所さんやちょっと来てみたかった人は会場の外のテント席ではないかと思います。   あと、都会式と田舎式があって、

15年の時を超えて
人々

15年の時を超えて

前書き このブログではボツワナやボツワナ人の考え方、生活習慣などで私が感じ入ったことを、若干長めの堅苦しい文章で紹介する。そんなブログを目指しています。 しかし、ボツワナ生活も3ヶ月が過ぎ、若干の慣れ、惰性というものが出てきてる、、、ような気がしています。 いや、ブログの更新が遅いのは自宅のインターネットがいろいろな事情でかれこれ2週間止まっているからです。 要請内容 このブログでは私の活動については触れていませんが、端的に言えば学内のコンピュータネットワークとパソコンの管理をスタッフと一緒になってやって、技術移転もしちゃおう!ついでに生徒育成もできて、PCラボの5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)もしたいな!というノリの要請です。 つまり、ICTに関する何でも屋というところですね。実際活動はパソコンのウイルス駆除から、スマホの操作のヘルプといったクライアント側のヘルプと、Windowsサーバーやネットワーク、Linuxサーバの設定やヘルプといったサーバサイド、インフラ面でのヘルプも行うという感じです。 前任のあしあと さて、私は2代目の交代として派遣されていますが、先代はなんと10年前の隊員です。ほとんど新規だろうと思って来ましたが、新規と思っていい状況で引き継ぎなんて言うものはありませんし引き継ぐものは無いような気がします。 スタッフは2012年(要請が出た頃)ごろに総入れ替えになったようで、PCのメンテナンスというよりはウイルスが蔓延していました。 やっぱり新規と同じかな、と思いながら作業をしているうちにサーバルームの壁のドキュメントに先輩隊員のお名前がありました。  日付は10年前。10年間張りっぱなし 身近なところで前任の隊員の空気を感じられ、若干ノスタルジーな気持ちになったのでした。 前前任のにおい ある日、

私、、、あまり寝てないの
ボツワナ人

私、、、あまり寝てないの

寝てないの 本当かどうか知りませんが、ボツワナ人でもこういう人居ます。いや、遊んでて寝てないんじゃなくて仕事で!仕事。 始まり カレッジのある部門のHoD(Head of Department)の女性が、ある日やって来ました。 Mma(女性に対する呼称): Mpho、あなた SPSS分かる?ちょっと助けてほしいの Mpho: SPSSですか?20年ほど前に使ったことあるけど詳しくはもう忘れてます。 Mma: 大丈夫。体験版を使いたいだけなの。私のプロジェクトの提出物をUB(University of Botswana)に出さなきゃならないんだけど、SPSSで解析した結果を要求されてて。SPSSはUBにあるんだけど、私はJwanengだし・・・。 Mpho: わかりました。体験版DLして持ってきますね。 というわけで体験版をダウンロードして持って行ったわけです。 体験版の導入 Mpho: Mma,体験版入れるから作業していいですか? Mma: いいわよ。私の椅子ちょっとグラグラするから気をつけてね Mpho: わかりました。 グラグラする椅子に座ってSPSSの体験版を入れる。体験版はどうやら14日間だけ利用できるようだ。 Mpho: Mma,

ボツワナ人の考え方?
ボツワナ事情

ボツワナ人の考え方?

セミナーにて 先日、同僚から「ンポ!セミナー行くよ!」と言われて「えっ!俺も!?」とカレッジのカンファレンスルームに行きました。 すでにこの時点で3,40分ぐらい経過してたので、「最初から呼んでくれればいいのに」とか思いながら聞いてました。 途中からなのでイマイチ分かりませんでしたが、どうやらファイナンスとかマネープランニングの話?のようでした。ちなみにプレゼンは英語で行われますので、それなりにわかります。 ただ、ボツ人的に盛り上がるツボな部分やスピーカーが興奮して盛り上がってくるとセツワナ語に切り替わるので、さっぱり笑えません(爆 まぁ、英語であっても笑えるかどうかはわかりませんが。 その中で、ちょっとおもしろいなと思ったことがありました。その名も、 12 tips for creating more time そのうち5つが以下です。後半の7つはよく分かりませんがははしょられました。原文まま。 Establish what your key performance criteria are Never ever work overtime Never volunteer Don’