Tagged

勉強

A collection of 10 posts

セツワナレッスン:フォローアップ13
Setswana

セツワナレッスン:フォローアップ13

「ya」と「tsamaya」の違い yaとtsamayaは「行く」的な意味の単語ですが、この2つには明確な使い分けがあります。 どちらも日本語では「行く」と表現するしか無いのですが、英語で厳密な意味を表現するとそれぞれ次のようになります。 ya - to go someware tsamaya - to walk / to go away どうでしょうか・・・。いまいちピンと来ないかもしれませんが、決定的な文法の違いは**「tsamaya」は後ろに行き先を指定できない!** のです。一方で、「ya」は行き先を指定できるのです。 例)私はお店(複数)に行く 正 Ke ya ko dishopong. 誤 Ke tsamaya ko dishopong. ではtsamayaの用法って限られない?と思いますが、たしかによく使われるのは「

セツワナレッスン:フォローアップ11
Setswana

セツワナレッスン:フォローアップ11

「ン」「ム」の法則(reflexive verbs) 皆さんこんばんは。皆さん日々「ンテケラ」(buy for me)「ンパ」(give me)言われてますか? というわけで、外国人を見ると試しに「私に買ってくれ」「私に頂戴」と言いたくなるセツワナ語の法則について勉強しましょう。 N or M + Verb = Verb me どのような単語であれ、「N」「M」で始まる動詞は「〜 me」となります。 例) nketela = visit me ntshwara = hold me mpha = give me ntsuna = kiss me nteletsa = call me on the

セツワナレッスン:フォローアップ10
Setswana

セツワナレッスン:フォローアップ10

Commands - Ditaelo というわけで、命令形。ボツワナ人は命令形得意です。「たくゎ〜ん」(Come!)と呼びつけといて「Nthekele!(buy for me)」と要求してきます。本当にこれはいつまでたっても慣れません。 お願いする側がこっちに来るんだろうが!と思いつつノコノコ行ってしまうこと多し。 命令形の基本 命令形は、「you - o」「you(plural) - lo」「We - re」に対して使いますね。He/She/Theyなどの第三者には命令できませんね。 You に命令の文法 英語と一緒です。 動詞 〜 Come!の「たくゎ〜ん!」は「Tla kwano」で「kwano」が「こっち」という意味ですね。

セツワナレッスン:フォローアップ7
Setswana

セツワナレッスン:フォローアップ7

TENSE:過去形その2と過去進行形 過去形その2です。Past Perfectと先生は言っていましたが過去完了というより普通の過去系と違いはないそうで、人によって話し方が違うんだとのこと。 文法 主語 + ne + ka/wa/a/ra/lwa/ba + 動詞の原形 Ke ne ka tsamaya. = I tsamaile. = I went. O ne wa tsamaya. = O tsamaile. = You went. O(↑) ne a(↓) tsamaya. = O(↑) tsamaile. = She/He went. Re ne ra tsamaya. = Re tsamaile = We went. Lo

セツワナレッスン:フォローアップ6
Setswana

セツワナレッスン:フォローアップ6

TENSE:時制:過去形 未来は前回の投稿でやりましたので今回は過去形。過去形は動詞が活用します。過去にも過去形(〜した)と過去進行形(〜していた)の2つの文法があります。 過去形 今回は過去形(〜した)です。 基本文法 基本的には以下のようにシンプルです。 verb + ileまたはe 動詞の原形は「a」で終わりますが、過去形ではこの「a」が活用して「ile」「e」に変わります。 例外として上記の活用をしない単語もあります。 例文 Bana ba rata doapole. 子どもたちはリンゴが好きだ。 Bana ba ratile doapole. 子どもたちはリンゴが好きだった。 *diapole - apole(リンゴ)の複数形 Ke bona diphologolo. 私は動物を見る。 Ke bone

セツワナレッスン:フォローアップ5
Setswana

セツワナレッスン:フォローアップ5

TENSE: 時制 時制の話。現在、過去、未来ですな。 細かく行けば、現在進行形だとか過去進行形だとかあります。 Will 過去形は難しいので先ずは未来形を。未来形は「動詞の前にtlaを付けるだけ。」。tlaはwillに値しますが、動詞として「come/visit」の意味も持ちます。 present future Ke ja boogie 私はボホベを食べる Ke ithuta Setswana 私はセツワナ語を勉強する Ke ya tirong 私は職場へ行く Ke ya bareng 私はバーへ行く Ke nwa tee 私はお茶を飲む Ke a go bona 私はあなたを見る Ke a go etela 私はあなたを訪問する Mme

セツワナレッスン:フォローアップ3
Setswana

セツワナレッスン:フォローアップ3

GO GANETSA / NEGATING SENTENCES 否定形です。否定形は、文の先頭にGaを付けます。そして現在形の場合は動詞全て「a」で終っているところが「e」に活用します。 Ke ya ko tirong. ( I am going to work.) Ga ke ye ko tiron. ( I am not going to work.) また、例外といて「o(he/she)」の場合は「a」に変わります。 O boela ko lapeng. ( He/She go back to home.

セツワナレッスン:フォローアップ1
Setswana

セツワナレッスン:フォローアップ1

セツワナ語を勉強してやる 周囲に「勉強する」姿勢を見せることで刺激を与えられないか。という観点と単に言語好きということもあり、勉強しています。 セツワナ語フォローアップ制度 JICAのプログラムの一つで語学訓練フォローアップという制度が今年からボツワナでも開始されました。英語、セツワナ語、カランガ語の3つから上限3000プラ(3万円)、30時間で受けられます。講師は自前で探す感じです。自分は同僚に頼んで、セカンダリスクールでフランス語を教えている先生を紹介してもらいました。「言語が好き」という先生だけああって内容は語源や背景、文化的、文法的意味合いまで聞いたら説明してくれる私好み。 というわけで、ボチボチ、セツワナ後のフォローアップとして成果を公開していく所存です。 レッスン1 DIPOTSO / question words mang? who? kae? where? how much? leng? when? jang? how? ka go reng? why? bokae? how much? ofe? efe?...... which one? eng? what?